読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

carin days

いつだってわくわくするのは”普通じゃない”ことばかり

卒業という始まり、そして一生ものとの出会い

昨日は卒業式でした。

f:id:karinikeda:20170316202133j:image

 

一目惚れした一生ものの着物は

何度見ても惚れ惚れするほど素敵です。

f:id:karinikeda:20170316202956j:image

(これは成人式の前撮り)

 

謝恩会は人が多過ぎて酔いました。

話したかった人がたくさんいたのに

人見知りを発揮して全然話せず...

 

それでも心優しい皆さんの

おかげで十分楽しめました。

f:id:karinikeda:20170316205731j:imagef:id:karinikeda:20170316203426j:image

f:id:karinikeda:20170316203409j:imagef:id:karinikeda:20170316203454j:image

 

 さてさて、

卒業式は無事に終わりましたが

ここからが新しいスタート。

 

4月からは保険屋さんです。

東京海上日動火災の代理店。

 

どんな仕事もそうだと思いますが

この仕事は特に、

"人からの信頼"で成り立っていると

保険代理店を30年近くやっている

父からよく話を聞いていました。

 

商品の内容が良いから

◯◯という会社が良いから

安い保険料が良いから

 

そういう理由ではなく、

 

"この人から商品を買いたい"

"この人に任せれば安心だ"

"この人とお付き合いをしたい"

 

そう思って頂けることで
契約を頂くことが出来る。

 

いくら商品の良さを伝えても、

それで心を動かされるお客さまは

ほんの一握り。

 

そうではなく、

本気で相手の人生に真剣に向き合って

その人の為になるであろうことを

損得関係なしにやり尽くす。

 

そうすることで

信頼を得られるのだ、と。

 

契約を頂くための

信頼を得るために尽くす。

というと、結局は

損得感情なんじゃないかと

思われるかもしれないけれど

 

私が保険の仕事をする中で

目標としているのは

"契約を取ること"じゃない。

 

たくさんの人と関わって

色んな人生を学ばせて頂いて

"自分の世界を広げていく"こと。

 

そしてお客さまと"一生もの"の

お付き合いをしていくこと。

 

だから、仕事をしながら

目標に近づくことが出来る。

 

契約は、オマケみたいなもの。

 

そう思っています。

 

自分の世界が広がる楽しさ

というのは、

ずっと探していた宝物を

見つけた時のような

ワクワクとキラキラが混ざり合う

なんともいえない幸せな瞬間で、

とても豊かな気持ちになります。

 

そしてその世界を誰かと共有出来た時は

その幸せで豊かな気持ちが倍増します。

 

だから、まずは自分が豊かになって

それから世界を共有できる仲間と共に

その世界を広げるための会社を

創ることを夢見て、

これから頑張ろうと思います。

 

おわり。

 

 

 

 

ちなみに余談ですが、

この記事を書く途中、

3回も記事が消えました。

いつもならそこで書くのを諦めるけど

それでも書き直せたのは、

それだけ伝えたい想いが自分の中に

あったからなんだなぁと、

しみじみ思いました。

 

はい、本当におわり。